2007年04月10日

シャネル(CHANEL)

シャネル(CHANEL)とは、ココ・シャネル(本名はガブリエル・シャネルで「ココ」は愛称)が興したファッションブランドです。最初は帽子店 「シャネル・モード」から始まりました。


シャネルは女性たちに新しいスタイルを提案していき、それが見事に成功していきます。例えばジャージ素材で作ったシュミーズドレス。当時は戦争を避けて疎開していたセレブな婦人達に大人気となります。また黒という色は喪に服すときに使うのみだったのを、シャネルは「リトル・ブラック・ドレス」として黒の衣装を発表しました。また男性の衣装を女性向けにアレンジしたりと話題のあるファッションを提供していきました。女性がパンツを履くスタイルもシャネルが広めたのです。


シャネルは香水とアクセサリーにもブランドとして確立していきましたが、第2次世界大戦勃発からシャネルは店をいくつか閉店せざるを得なくなり、更にドイツ人との愛人問題によって苦しい展開になります。しかし10年後、シャネルは店を復活し、オートクチュール・コレクションを復活させました。


シャネル自身は1971年に没しましたが、シャネルの意思をカール・ラガーフェルド(Karl LAGERFELD)が引き継ぎ、プレタポルテ・ジュエリー・香水・化粧品など様々なアイテムを展開し、ココ・シャネルのブランドを現在も伝えています。

シャネルは日本では2000年に入ってから表参道、銀座にと、シャネル専門のブティックが登場しました。シャネルのブランドはオートクチュールとプレタポルテ、化粧品、香水、ジュエリー、腕時計などに展開し、現在に至っています。2006年の今年10月はシャネルから新しい化粧品が発売されますね。その名も「プレシジョン ナノローション」。何でもアジア女性向けの化粧品だとか。シャネルはフランス発のファッションブランド。アジアにも目を向けてくれているのは、日本人としてはうれしい限りです。


シャネルの服について言うなら、シンプルさと動きやすさ、そしてエレガントさをより深く追求しています。ツイードスーツを女性向けにしてくれたのもシャネルです。戸外で活動する女性向けにスタイルを提供してくれたシャネル。今はカール・ラガーフェルドによってシャネルの本質を残したまま新しいスタイルを現在提供してくれています。


Reference from Wikipedia


posted by Rozentzs at 22:42| シャネル バック:シャネル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

シャネル

シャネル(CHANEL)は、ココ・シャネル(Coco Chanel、1883年8月19日 - 1971年1月10日)が興したファッションブランド。「古い価値観にとらわれない女性像」がブランドポリシー。

1910年 - パリのカルボン通り21番地に「シャネル・モード」という帽子専門店を開店したのが始まり。
1913年 - リゾート地ドーヴィルに第1号のモードブティックを開店。

1915年 - ビアリッツに「メゾン・ド・クチュール」をオープンして、ココはオートクチュールのデザイナーとして本格的にデビューする。

1916年 - 第1回シャネル・オートクチュール・コレクションを発表。安くシンプルで着心地がよく、無駄のない、ジャージー素材を取り入れたドレスが話題となる。

1921年 - 本店をカンボン通り31番地に移転。シャネル初の香水「No.5」を発表。 脂肪族アルデハイドを大胆に使用した香調で話題となる。「No.5」は試作品番号。

その後も、喪服でしか使われなかった黒い服を「リトル・ブラック・ドレス」として発表したり、 ツイード素材のスーツを発表して話題となる。

1939年 - 第二次世界大戦の勃発とともに、香水とアクセサリーのブティック以外の全店を閉鎖する。
1944年 - ココがナチス・ドイツによるフランス占領中を通じドイツ軍将校と愛人関係にあったため、連合軍によるフランス解放とともにスイスへの逃亡を余儀なくされる。

1954年 - 閉鎖店舗が復活。カンボン通りの店を再開し、オートクチュール・コレクションも復活させる。
1970年 - 香水「No.19」を発表。

1971年 - 住居としていたホテル・リッツで、ココ・シャネル死去。

その後、カール・ラガーフェルドがデザイナーに就任。ココのスタイルを守りながら、時代の空気を取り入れた新しいシャネルを提案し、ブランドとしての再興を果たす。

1994年 - シャネルブティック本店(銀座並木通り)を開店。
1996年 - 開店当時日本最大店舗として大阪・心斎橋店を開店。
2001年 - 日本最大の売り場面積を誇る東京・表参道店を開店。
2004年 - 12月、銀座3丁目に銀座シャネルビル・旗艦店を開店。


ココ・シャネルには、宝石は宝石商が作るもの、というポリシーがあり、近年まで同社では貴石を使用したジュエリーは製作しないと言う方針を採っていた。

しかし90年代後半、今までのイミテーションジュエリー(模造品という意味ではなく宝石を使用していない。と言う意味のイミテーション)ではなくファインジュエリーの 販売も開始した。


Reference from Wikipedia


posted by Rozentzs at 22:40| シャネル バック:シャネル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。