2007年04月10日

バック

バックはヒトが持つ、または体に密着させるための1本か2本の取っ手やショルダーストラップ(肩掛け)、稀ではあるがウェストバッグのように体に巻きつけるベルトがついている。また最近ではベスト型の着る感覚のバックも開発がすすめられている。袋の口はジッパーやボタン(口金式)、紐、あるいは折りたたんで封ができるものが多く、旅行用バックやアタッシュケースは施錠ができる。主となる袋状の収納空間以外にポケットや間仕切りを用いて、整頓し易さや取り出し易さを工夫してあることが多い。

素材は革や化学繊維(ナイロンなど)・綿・麻などを織った布が一般的である。加えて、金属、竹や籐の植物、ポリ塩化ビニル、ビーズなども使われる。

バックは用途や運搬者にあわせて大きさが違う。ポーチと呼ばれる財布が1つ入るほどの小さなバックから、ゴルフクラブ一式を入れることができるゴルフバックに至るまで様々の大きさがある。

市販されるバックの価格は、100円ショップで求めることのできるような安価なものから、グッチ、シャネルなどブランドとして確立したバックのように数十万から数百万円する高価ものまで、こちらも様々である。


Reference from Wikipedia


posted by Rozentzs at 22:47| シャネル バック:バック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。