2100年01月01日

ココ・シャネル

ココ・シャネル(Gabrielle Bonheur Chanel, 1883年8月19日 - 1971年1月10日)は、フランスの女性ファッションデザイナー。

生い立ち
フランス南西部オーベルニュ地方ソミュールの救済病院で生まれる。12歳の誕生日を迎える前に母親が他界し、孤児院や修道院で育つ。「ココ」は愛称で、お針子として孤児院を出た後、歌手を志して田舎町ムーランのキャバレーで歌っていた頃に、そこで歌っていた「コ・コ・リ・コ」(コケコッコウ)と、「キ・ア・ヴュ・ココ」(誰かココを見た?)と言う歌の題名にちなんでつけられたもの。<

その後パリへ移り、奇抜な衣裳で社交界に潜り込み、その美貌を生かし裕福な著名人と親交(事実上の高級売春婦のようであったという証言もある)を広げた。デザイナーとして成功し、のちに有名な「シャネル・スーツ」を発表するなど1930年代後半にはモード界の中枢に躍り出る。

二次世界大戦中の1940年にフランスがアドルフ・ヒトラー率いるナチス・ドイツ軍に占領された際に、レジスタンスとして多くのフランス人がドイツ軍による軍事占領に抵抗した結果、捉えられた末に拷問されたり、戦闘によって命を落とす中、シャネルはドイツ軍将校と愛人関係を結び、愛人の庇護の下自堕落な生活を送った。

このことから、1944年のシャルル・ド・ゴール将軍率いる自由フランス軍と連合軍によるフランス解放後に、対独協力者としてフランス中からの非難を浴びて、愛人とともに戦後の数年間スイスのローザンヌへ脱出し亡命生活を送った。この様な経緯から、現在も「裏切り者」であり「売国奴」であるシャネルを嫌うフランス人は多い。

亡命生活から帰国後デザイナーとして復帰。1971年に住居としていたパリのヴァンドーム広場を望む、ホテル・リッツで死去した。享年87。亡骸は第二次世界大戦後に亡命生活を送っていたスイスのローザンヌの墓地に埋葬される。

ココは、「どうして女は窮屈な服装に耐えなければならないのか」という積年の疑問への回答として、英国紳士服の仕立てや素材を女性服に応用し、スポーティでシンプルなデザインのシャネル・スーツを生み出した。シャネルの服作りに一貫している姿勢は、「男に支配される女を徹底的に排除し、女のからだと心を解放しよう」とする試みである(ただし、ココ自身はそのような思想をもっていたわけではなく、後世のフェミニストによってそのような虚像が作られたらしい)。

この姿勢は、ココの後を引き継いだファッション・デザイナー、カール・ラガーフェルドにも引き継がれている。

Reference from Wikipedia


posted by Rozentzs at 00:00| シャネル バック:ココ・シャネル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月10日

トートバッグ

トートバッグは、ストーンとしたずんどう型で口が広く、マチがついた、収容力のあるバッグです。

出し入れしやすく、ちょっとしたお出かけでは欠かせないバッグですが、たくさん入るので、つい入れすぎてしまってパンパンになったり、必要なものが見つからず、ごそごそ探し続けたりといったことになりがちです。

バッグがパンパンに膨らんでいるのは、ちょっとみっともないものです。いつも使うものを入れても、少し余裕がある程度の大きさのトートバッグを選びましょう。トートバッグの中から必要なものをすばやく見つけ出すコツは、バッグの中のポーチの活用にあります。

ペンや手帳などはビジネスポーチ、定期券やハンコなどはマネーポーチ、飴や化粧品は化粧品ポーチなど、用途別に分類しておけば、バッグを変えるときも、バッグから物を出すときもスマートです。

バッグの中身が見えたときも、整頓されていてきれいですね。おしゃれにトートバッグを使いたいときは、チャックがついているものを選ぶと、見栄えがいいようです。


Reference from Wikipedia





バースディメッセージありがとう!【成約率/片山レプリカ?/許せねぇ(゜Д゜)/ボンボネ〜ラ☆/<ボッテガ・ヴェネタ>銀座に世界/キック スケーター ファッション/SUN SURF SPECIAL EDITIONサン サーフ スペシャルエディション/コグジャンピング♪4つのピンクハートJHL/フロントホック続々登場/Point-Station[20 07.04.10/タクシー狂乱、高級ブランドバックでさえ/学校やめました/ピア・ヴァレンのルームシューズ SUQファクトリー/ツートーンロゴ ブラウントートバッグS【ハロッズ・/【進化論。号外PR版】/僕も一回生です。/‡物欲バトン‡/目から鱗/バックアレイ(BACK ALLEY)/バックアレイ(BACK ALLEY)/親子そろって・・・/Levis FENOM FIVE STAR ROCK USED 505/タクシー狂乱、高級ブランドバックでさえ/DEATH LABEL/重版について/常盤貴子、タイガースに熱狂して/[ウィまぐ] 三井住友銀行から/[ウィまぐ] 三井住友銀行から/[ウィまぐ] 三井住友銀行から/[ウィまぐ] 三井住友銀行から/[ウィまぐ] 三井住友銀行から/[ウィまぐ] 三井住友銀行から/[ウィまぐ] 三井住友銀行から/[ウィまぐ] 三井住友銀行から/[ウィまぐ] 三井住友銀行から/[ウィまぐ] 三井住友銀行から/[ウィまぐ] 三井住友銀行から/タクシー狂乱、高級ブランドバックでさえ/[ウィまぐ] 三井住友銀行から/[ウィまぐ] 三井住友銀行から/[ウィまぐ] 三井住友銀行から/あのオーケストラブームを作った『/[ウィまぐ] 三井住友銀行から/王子はすごかった
posted by Rozentzs at 22:58| シャネル バック:トートバッグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

バックの種類

アタッシェケース
硬い箱型の手提げ鞄をいう。非常に薄く、入れられるのはハードカバー本1冊分程度の厚みの物まで。かつて大使館員、特に大使館付駐在武官・書記官(アタッシェ(attaché))が使用していたことからこの名がつく。“アタッシュ”は誤読。

ウェストバッグ
胴部分に巻きつけて使用されるベルト付鞄。容量は小さいが両手が空き、下ろさずに出し入れ出来るので機能性が高い。

抱鞄(かかえかばん)
ビジネス用途で書類入れとして用いられた鞄。抱えて持つことが多かったが、大正時代半ばから手提げ式が多くなる。学生用鞄としても広く用いられていたが、学生用としては現在衰退気味である(中学・高校女子用として定められているのみ)。

スリーウェイバッグ(3WAYバッグ)
広く、手で持つ・肩にかける・背負うの3通りの携行方法のある鞄の総称である。ハバサック(第二次大戦中の米軍用行嚢)がこの一つ。

セカンドバッグ
手で抱えて持つ小型の鞄。従来は大型の鞄の中に入れて用いられていた。

ダレスバッグ(ドクターズバッグ)
マチ幅の広い口金式のブリーフケースをいう。米国のダレス特使が愛用していたことからこの名がつくが、米国では携行品の多い医師が多く使用することからドクターズバッグといわれる。素材は硬くて厚い牛革が用いられることが多い。かつては堅牢かつ容量自在なブリーフケースとして普及していたが、ナイロン製の軽量鞄に普及に押され気味である。Mr.ビーンも使用する。

トートバッグ
四角い形状をしていて持ち手が2本ある鞄。多用途で用いられる。主に鞄上部(天)のみが開口部となっている場合が多い。近年、レジ袋削減及び環境保護の為の「マイバッグ」として注目されている。

ドラムバッグ
ドラム状をしている鞄。ロールボストンとも言う。

ポーチ(pouch)
小物を入れる小型の鞄。

ボストンバッグ(Boston bag)
旅行用として多く用いられる手提げの革製鞄。底が長方形。ボストン大学の学生達に愛用されていた事からこの名がある。日本では大正末から製造されるが、昭和初期からファスナー式が中心となる。


Reference from Wikipedia


posted by Rozentzs at 22:56| シャネル バック:バックの種類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

バック

バックはヒトが持つ、または体に密着させるための1本か2本の取っ手やショルダーストラップ(肩掛け)、稀ではあるがウェストバッグのように体に巻きつけるベルトがついている。また最近ではベスト型の着る感覚のバックも開発がすすめられている。袋の口はジッパーやボタン(口金式)、紐、あるいは折りたたんで封ができるものが多く、旅行用バックやアタッシュケースは施錠ができる。主となる袋状の収納空間以外にポケットや間仕切りを用いて、整頓し易さや取り出し易さを工夫してあることが多い。

素材は革や化学繊維(ナイロンなど)・綿・麻などを織った布が一般的である。加えて、金属、竹や籐の植物、ポリ塩化ビニル、ビーズなども使われる。

バックは用途や運搬者にあわせて大きさが違う。ポーチと呼ばれる財布が1つ入るほどの小さなバックから、ゴルフクラブ一式を入れることができるゴルフバックに至るまで様々の大きさがある。

市販されるバックの価格は、100円ショップで求めることのできるような安価なものから、グッチ、シャネルなどブランドとして確立したバックのように数十万から数百万円する高価ものまで、こちらも様々である。


Reference from Wikipedia


posted by Rozentzs at 22:47| シャネル バック:バック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

シャネル(CHANEL)

シャネル(CHANEL)とは、ココ・シャネル(本名はガブリエル・シャネルで「ココ」は愛称)が興したファッションブランドです。最初は帽子店 「シャネル・モード」から始まりました。


シャネルは女性たちに新しいスタイルを提案していき、それが見事に成功していきます。例えばジャージ素材で作ったシュミーズドレス。当時は戦争を避けて疎開していたセレブな婦人達に大人気となります。また黒という色は喪に服すときに使うのみだったのを、シャネルは「リトル・ブラック・ドレス」として黒の衣装を発表しました。また男性の衣装を女性向けにアレンジしたりと話題のあるファッションを提供していきました。女性がパンツを履くスタイルもシャネルが広めたのです。


シャネルは香水とアクセサリーにもブランドとして確立していきましたが、第2次世界大戦勃発からシャネルは店をいくつか閉店せざるを得なくなり、更にドイツ人との愛人問題によって苦しい展開になります。しかし10年後、シャネルは店を復活し、オートクチュール・コレクションを復活させました。


シャネル自身は1971年に没しましたが、シャネルの意思をカール・ラガーフェルド(Karl LAGERFELD)が引き継ぎ、プレタポルテ・ジュエリー・香水・化粧品など様々なアイテムを展開し、ココ・シャネルのブランドを現在も伝えています。

シャネルは日本では2000年に入ってから表参道、銀座にと、シャネル専門のブティックが登場しました。シャネルのブランドはオートクチュールとプレタポルテ、化粧品、香水、ジュエリー、腕時計などに展開し、現在に至っています。2006年の今年10月はシャネルから新しい化粧品が発売されますね。その名も「プレシジョン ナノローション」。何でもアジア女性向けの化粧品だとか。シャネルはフランス発のファッションブランド。アジアにも目を向けてくれているのは、日本人としてはうれしい限りです。


シャネルの服について言うなら、シンプルさと動きやすさ、そしてエレガントさをより深く追求しています。ツイードスーツを女性向けにしてくれたのもシャネルです。戸外で活動する女性向けにスタイルを提供してくれたシャネル。今はカール・ラガーフェルドによってシャネルの本質を残したまま新しいスタイルを現在提供してくれています。


Reference from Wikipedia


posted by Rozentzs at 22:42| シャネル バック:シャネル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

シャネル

シャネル(CHANEL)は、ココ・シャネル(Coco Chanel、1883年8月19日 - 1971年1月10日)が興したファッションブランド。「古い価値観にとらわれない女性像」がブランドポリシー。

1910年 - パリのカルボン通り21番地に「シャネル・モード」という帽子専門店を開店したのが始まり。
1913年 - リゾート地ドーヴィルに第1号のモードブティックを開店。

1915年 - ビアリッツに「メゾン・ド・クチュール」をオープンして、ココはオートクチュールのデザイナーとして本格的にデビューする。

1916年 - 第1回シャネル・オートクチュール・コレクションを発表。安くシンプルで着心地がよく、無駄のない、ジャージー素材を取り入れたドレスが話題となる。

1921年 - 本店をカンボン通り31番地に移転。シャネル初の香水「No.5」を発表。 脂肪族アルデハイドを大胆に使用した香調で話題となる。「No.5」は試作品番号。

その後も、喪服でしか使われなかった黒い服を「リトル・ブラック・ドレス」として発表したり、 ツイード素材のスーツを発表して話題となる。

1939年 - 第二次世界大戦の勃発とともに、香水とアクセサリーのブティック以外の全店を閉鎖する。
1944年 - ココがナチス・ドイツによるフランス占領中を通じドイツ軍将校と愛人関係にあったため、連合軍によるフランス解放とともにスイスへの逃亡を余儀なくされる。

1954年 - 閉鎖店舗が復活。カンボン通りの店を再開し、オートクチュール・コレクションも復活させる。
1970年 - 香水「No.19」を発表。

1971年 - 住居としていたホテル・リッツで、ココ・シャネル死去。

その後、カール・ラガーフェルドがデザイナーに就任。ココのスタイルを守りながら、時代の空気を取り入れた新しいシャネルを提案し、ブランドとしての再興を果たす。

1994年 - シャネルブティック本店(銀座並木通り)を開店。
1996年 - 開店当時日本最大店舗として大阪・心斎橋店を開店。
2001年 - 日本最大の売り場面積を誇る東京・表参道店を開店。
2004年 - 12月、銀座3丁目に銀座シャネルビル・旗艦店を開店。


ココ・シャネルには、宝石は宝石商が作るもの、というポリシーがあり、近年まで同社では貴石を使用したジュエリーは製作しないと言う方針を採っていた。

しかし90年代後半、今までのイミテーションジュエリー(模造品という意味ではなく宝石を使用していない。と言う意味のイミテーション)ではなくファインジュエリーの 販売も開始した。


Reference from Wikipedia


posted by Rozentzs at 22:40| シャネル バック:シャネル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

セレブリティ

セレブリティは、元来著名人・名士を表す言葉で、特別な権力や財力をもつ人間、もしくはそういったグループのリーダーや役職者を表した。時が経つにつれ、芸能・スポーツにおいて、こういった権力者に匹敵するほど権力や財力を持つものが現れ、メディアにより彼らに強く脚光が浴びせられるようになると、メディア露出の多い芸能界やスポーツ界においての有名人の事をいうように変容していった。現在、日本ではセレブと略され、金持ち、優雅、高級、などの意味合いで使用される事が多い。


日本では、元来の意味とも一般的な用法とも異なり、「おしゃれな(生活をしている)お金持ち」を指し、必ずしも「有名」である必要はない。また、「おしゃれ」に関しても、どちらかと言えば、シンプルではなくゴージャスな物を指す。

日本ではそれまで、セレブという概念がなく単に「金持ち」と言っていたが、1990年代に叶姉妹の出現により、"セレブ"という言葉が広まっていった。セレブリティが持つイメージから、ワイドショーや雑誌等のマスメディアがおしゃれでゴージャスな一般人をセレブっぽいなどと形容し、「一般人に縁のない存在」としてではなく、「派手な暮らしをする」(もしくは「裕福そうな生活」)という、セレブリティを曲解した日本独自の意味合いが広まることとなった。また、セレブ犬(裕福な暮らしをする犬のこと)など、接頭辞的に用いられることもある。 

一方、女性誌では知的で魅力的な女性を言ったり、ただ優雅なだけをさす場合もあり、意味は拡散し、拡大傾向にある。また「金持ち」と言うと嫌味、生々しさがあるため「セレブ」と言い換えたりする例も多い。さらにプチセレブ(ちょっと豪華、ちょっと贅沢、ちょっとおしゃれ、ちょっとお金に余裕がある、といったような意味。ここでもセレブリティの元来の意味である「有名」という意味は含まれない)という本来の意味から外れた言葉も生まれ、流行を追うことで悦に浸っている女性像を暗にあらわしている。またセレブとセレブリティを別に考える傾向も見られる様になった。

欧米での元来の意味合いで該当する人を挙げた時、名の知れた芸能人はほぼ全員当てはまる。また、一般的に使われる「有名でお金持ち」との意味合いでも、かなりの数の芸能人芸能人が該当し、数え切れない程のセレブがいる事になる。反対に、元来の意味でも、一般的な用法でも、「裕福」であったとしても、著名人、有名人でなければ該当しない。これは叶姉妹の影響で、過ったセレブの意味合いが流布した為の誤解であり、理解していない芸能人も多い。

欧米でセレブリティと呼ばれる人達は、基本的に、日本でセレブと呼ばれる人達とは、全く比較にならないほどの、桁違いの「お金持ち」である。欧米の基準で言うところのセレブリティに該当する日本人は、ほとんど存在しないと思われる(しいて挙げれば、オノ・ヨーコと日本人メジャーリーガーの数人が、ギリギリ該当するぐらいだろう)。

純金融資産1億円以上保有者が会員となるSNS YUCASEE(ゆかし)は、日経ニュース等でセレブSNSと紹介された。純金融資産1億円以上の日本人は全人口の1.9%程度。ただし、世界的な基準で言えば、純金融資産1億円以上保有程度では、まずセレブと呼ばれることはないし(おそらく、世界基準で言えば、純金融資産100億円以上保有、もしくは特別な地位を保持していないと、まずセレブとは呼ばれることはない)、セレブのもう一つの重要な基準である「著名である」ことが考慮されていない。大手マスコミが「セレブ」という言葉の意味をはき違えている典型的な例と言えるだろう。


Reference from Wikipedia



posted by Rozentzs at 22:36| シャネル バック:セレブリティ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

カール・ラガーフェルド

カール・ラガーフェルド(Karl Lagerfeld,1938年9月10日 - )は現FENDI・CHANELデザイナー。ファッションデザイナーの他に、写真家としても高名である。

1938年 ドイツの北西部、ハンブルグに生まれる。
1952年 14歳で、パリに移住。
1954年 16歳の時に IWS(国際羊毛事務局、現ザ・ウールマーク・カンパニー)のコンクールのコート部門で優勝。
ピエール・バルマン、ジャン・パトゥ等のオートクチュールメゾンで仕事をする。

1963年 独立し、プレタポルテに進出。また、クロエ創業者の任命により、クロエのヘッドデザイナーとなる。
1965年 フェンディのデザイナーに抜擢。
1983年 シャネルのデザイナーに就任。
1984年 自身のブランド「カール・ラガーフェルド」をスタート。
1986年 デ・ドール賞(金の指貫き賞)受賞。
1992年 クロエのデザイナーに復帰。
以後、フェンディ・シャネル・自社の4つのメゾンのデザイナーを兼任。

ストリート・ファッションをエレガントに表現するという、独特のクリエイティブな世界である。シームなしの袖付け、軽く丈夫なヘム・ライン、すっきりとしたレイヤード等、斬新な手法を多数世に送り出している。

また、服を皮膚と考える彼は、身体をしばらない、着やすい服作りに努め、「重ね着の魔術師」「トータル・ルックの名手」といわれた。


Reference from Wikipedia


広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。